• ホーム
  • 水虫の感染予防に洗濯とラミシールでの治療

水虫の感染予防に洗濯とラミシールでの治療

きれいな脚と花

水虫というのは伝染病であり、他の人に移してしまう恐れのある病気です。
しかし、感染力自体はそれほど強いものではなくイメージほど感染をするようなものではないのですが、移ってしまうと治りが遅い病気だけできるだけ感染しないように気をつけることが大切です。

特に家の中に感染者がいるという場合には、感染の確率が非常に高くなってしまいますから、全員で協力をして感染予防をすることが大切です。
感染者の患部についた靴下などはすぐに綺麗に洗濯をしたり、足ふきマットなどを共用しないあるいは拭いたあとはすぐに乾燥をさせるといったことで感染を防ぐことができます。
水虫は高温多湿の環境を好み、乾燥している環境を嫌いますから衛生環境さえ気をつけていれば家の中に感染者がいても感染をする恐れというのはそれほど高いものではないので心配し過ぎることもないのです。

とはいっても感染者がいつまでも水虫をほうっておくのは良くありませんから、そのような時にはラミシールを使った治療がおすすめです。
ラミシールがおすすめできる理由としては医療機関で処方されるものと成分が同じであるため、高い治療効果があるという点に挙げられます。
通常市販薬というのは処方薬と違って副作用が少ない代わりに、効き目も弱いといった欠点があることが多いので病気の治療には適さないことがあるのですが、ラミシールに関しては処方薬と同じものですから効果の面で不安はありません。
そのため、安心して治療に使用することができるので効き目に関して問題はないのです。

ラミシールにはクリームタイプと、飲み薬タイプがあります。
足水虫や手水虫など、浸透しやすい場所の水虫であればクリームタイプが使えますが、爪水虫や足裏の角質増殖型水虫には浸透しにくいものになります。
そこで飲み薬タイプのラミシール錠が役立ちます。
ラミシール錠は血中に有効成分が溶け込んで内側から水虫を治すことができるので、爪水虫や角質増殖型水虫に対して確かな効果があります。
このラミシール錠は通販で買うことができるので、クリームタイプの治療薬が効かない水虫に困っている方は一度使ってみてはいかがでしょうか。
ただし、治療薬の効果はあっても水虫は完治するまでに非常に時間が掛かる病気で、長い場合には一年かかってしまうということもあるので、根気よくじっくり治療をしていきましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧